六古窯について

旅する、千年、六古窯 火と人、土と人、水と人が出会った風景

日本人とやきものの関わりは縄文時代にさかのぼり、食糧の保存や調理などの生活用具や祭祀用具など、人間の営みに必要不可欠なものとして、文明を築き、分野を超えて、さまざまな文化を深めてきました。
「日本六古窯(にほんろっこよう)」は、古来の陶磁器窯のうち、中世から現在まで生産が続く代表的な6つの産地(越前・瀬戸・常滑・信楽・丹波篠山・備前)の総称です。
1948年頃、古陶磁研究家・小山冨士夫氏によって命名され、2017 年春、日本遺産に認定されました。
それを機に六市町では、六古窯日本遺産活用協議会を発足。千年にわたり、各産地にて育まれてきた技術・文化を見つめ直し、また俯瞰した視点で、あらためて、六古窯の魅力を掘り下げています。
2018年春より始動する「旅する、千年、六古窯」は、“ やきもの”を通して、人間の根源的な営み、人と自然との関わり、ものづくりの根源を再考する取り組みです。
千年という時をかけて育まれてきた六つの産地にある「火と人、土と人、水と人が出会った風景」を通して、千年先の未来を思い描きたいと思います。 *六市町…
越前焼:福井県越前町 瀬戸焼:愛知県瀬戸市 常滑焼:愛知県常滑市 信楽焼:滋賀県甲賀市 丹波焼:兵庫県篠山市 備前焼:岡山県備前市

本サイトは、「旅する、千年、六古窯」プロジェクトの一環で発行されました。

主催:六古窯日本遺産活用協議会
[福井県越前町、愛知県瀬戸市、愛知県常滑市、滋賀県甲賀市、兵庫県篠山市、岡山県備前市]

六古窯日本遺産活用協議会クリエイティブ・ディレクター:
高橋孝治

旅する、千年、六古窯 クリエイティブチーム:
アートディレクター/原田祐馬[UMA/design farm]
エディトリアルディレクター/多田智美[MUESUM]
映像ディレクター/岡篤郎
Webディレクター/綿村健[FROTSQUARNEL CO.LTD.]
公式カメラマン/加藤晋平