常滑 とこなめ TOKONAME AICHI PREFECTURE

面積:55.90km²
総人口:58,902人 ※2018(平成30)年2月現在
気候:平均気温 16.2℃、
降水量 1,390mm ※2017(平成29)年
名産:窯業、米、菊、卵、キャベツ、イチゴ、イチジク、
海苔、あさり、酒、味噌、醤油ほか
やきもの事業所数:58、就業人数:1511人 ※2014(平成26)年12月
(全盛期[1991年12月]の事業所数:435、就業人数:9,291人)
「常=床、地盤」「滑=なめらか」が
地名の由来と言われている。
愛知県・知多半島西部に位置。温暖な気候。 公式映像を見る

愛知県常滑市

豊かな技術を持つ、六古窯最大の産地

知多半島の西海岸、伊勢湾に面しており、海道を使った流通の発展から、六古窯最大規模の産地として興盛したまち。丹波篠山や信楽といったほかの産地のやきものにも影響を与えてきました。常滑の良質な粘土を産んだのは、650~100万年前に存在していた東海湖だと言われています。最大時には岐阜南部から尾張、鈴鹿地方にまたがるほどの面積をほこり、湖底に溜まる堆積物が良質な粘土を産出しました。知多半島では、平安時代末期からその土を使った山茶碗や甕が焼かれ、多くの穴窯(あながま)が築かれるようになります。鎌倉時代に入ると、50cmを超える大型の壷や甕の生産が行われるようになりました。そして、量産された壷や甕などは、海路を用いて運搬し、東北や九州といった全国各地へと供給していたようです。また、江戸時代後期には連房式登窯(れんぼうしきのぼりがま)が採用され、土管、甕、朱泥茶器(1854年頃)などを生産。近代は西欧の技術を導入して機械化が進み、煉瓦タイル、衛生陶器などの生産がスタート。明治期の輸出産業の花形は陶磁器で、飾り壺などが海外でジャポニスムブームを起こす一方、常滑では石膏型や石炭窯など西洋の技術を積極的に導入。戦後はその技術を生かした置物や洋食器が、日本の復興を支えました。

構成文化財を見る

焼き物の特徴

瀬戸と同じく猿投窯(さなげよう)の系譜にあり、常滑は釉薬を用いない「焼締(やきしめ)」によるやきものが特徴。もともと貴族や寺社向けの祭器や日用品を生産していたが、地元の需要に応えて甕や壺といった日用品もつくるように。また、東海湖に堆積した地層は鉄分が多く、低い温度でも焼き締まる性質を持っているため、大きなやきものをつくるのに適していました。平安時代末期、「ヨリコ造り」と呼ばれる甕づくりの手法が誕生。太さ7~10㎝の棒に近い粘土紐を肩に担ぎ、陶工自身がロクロのように回りながら粘土を積み上げていく技術は、今なお脈々と受け継がれています。

千年続く理由①

適した土が採れた丘陵地のため

常滑窯の位置する知多半島は、丘陵地が広がっています。そのため、窯を築くのに適した緩やかな斜面が多く、3,000基以上といわれるほど中世の窯跡が残されています。また、知多半島で採取できる土は、650〜100万年前に岐阜南部から尾張、鈴鹿一帯に存在した東海湖の堆積物に由来します。また鉄分を多く含み、低い温度でも焼締まる性質がありました。このことから、壺や甕といった大きなやきものをつくるのに適した土であったことが、常滑焼が中世から今日まで続いてきた背景にあると言えます。

常滑市のまちなみ

千年続く理由②

水路と廻船が利用できたため

壺や甕といった大きなやきものが特徴でもある常滑焼が全国で出土する背景には、船を使った流通が関係しています。北は東北地方、南は九州まで運ばれていますが、東北や関東地方で常滑焼が出土した遺跡をみると、河川や沿岸部付近に集中していることがわかります。実際、大きなやきものを大量に運ぶには陸路よりも海上輸送が適しています。また知多半島は三方を海に囲まれており、本州の中央部に位置することから東西のどちらにも運びやすかったと考えられます。

千年続く理由③

時代の変化にあわせて、つくり続けてきたため

現在では、急須や招き猫の産地として知られる常滑ですが、これらの歴史は比較的浅く、時代に合わせてさまざまな製品や芸術品を世に送り出してきました。例えば、常滑で平安時代末期から現代までつくり続けているやきもののひとつに、甕があります。この甕の変遷を追うと、時代ともに口の形や全体のフォルムが変化していることがわかります。なぜ形が変化するのか理由は明らかになっていませんが、時代とともに容量の大きな甕が必要となり、強度を持たせるために口の形が力強くなっていったのではないかと言われています。昭和に常滑でつくられた、もっとも大きな甕の容量は3,000ℓもあり、常滑が高い技術を持っていたことを示しています。